2014年12月07日

お久しぶりです。ーデジカメと水彩色鉛筆とマジックループ

師走となり慌ただしい気分になってきましたが、皆様いかがお過ごしですか?
随分久しぶりの投稿となります。うーん^^;

今年は念願の一眼レフを買って、水彩色鉛筆に手を出して、手で紡がれた布良という糸で、編み物をしています。もちろんどれもろくに進んでいません。ははっ。
でもどれもずっと興味があったことなので、かじるだけでも楽しいです。

そういえば、自己啓発系の本としては、とてもロングセラーの『ソース』


だと、方向を絞るのでなくて、全方向にちょっとずつでいいからやりたいことをやれ、とあったのを今思い出しました。
あ、じゃ、正解なのかも。

この本は『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』
と同じ位いに、ロングセラーです。色んな角度から自分の好きなことを見ていく、というのが良いな、と思います。


マジックループという方法でハンドウォーマーを編んでいます。
本を物色していて、『輪針でニット』
という本を知り、図書館で借りてみたら大当たり!早速買いました。



で、早速マジックループで編み始めた訳です。
が…。母のお古の30年近く前のクロバーの輪針を使っていますが、
…正直段差があって、糸が引っかかってばかりで、編みにくい(ぼそ)
ハンドルがプラスチックなのも、好きじゃない(ぼそ)

編み針はやっぱり竹製がいいなあ、と思い、検索してみたら、2年位前に発売されたらしい、チューリップという広島の会社の輪針がいいみたい!

というわけで、クリスマスだからレッツゴーです!!♪



クロバーの匠シリーズの輪針セットがあるのは知っていたのですが、輪針も一応あるから、と、買わなかったのです。でも、正解だったかも。 私は手が固い(編み目がきつい)ので、針の先が細い方がいいですし、ある程度の編み針の長さがある方が、持ちやすく感じます。

(手のサイズは小さいですが、手のサイズの問題じゃない気がする。慣れてるかどうか、とかなのかな?棒針は慣れるほどやったことがないし、もともと苦手です。おしゃべりしながらとか、ムリムリ。余計な力も入ってるだろうし。)

届くのが待ちきれないです♪
posted by うさぎもち at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

毎日届くメッセージ(1)

最近、こういうメッセージを毎日の様に受け取ります。

「そのままの自分でいい。
欠点だと思う所も、変えなくて良い。
そういう所こそ、一番大事にしてあげていい所なんだ。」

見る場所は、たまたま開いたウェブだったり、
年に数回位来る、コンサルタントさんのメルマガだったり、
色々です。

こうも連続してくるのは珍しい。
きっと、私に送られているメッセージなんだろうな、と思います。

例えば、こんなの。

石塚ともさんのメルマガで紹介されていた、
あるさんのご本。

○『あなたのままで、願いをすべてかなえる本』


○本田晃一さんのブログ
「崩れない自信の作り方」

これは本当に素敵な内容でした。
是非読んで頂きたいです。

○NAVERまとめ:
「内向的で繊細なあなたが仕事で「結果」を出すために考えたいこと」

○スーザン・ケインという方のスピーチ。
「内向的な人が秘めている力」
TED - Ideas worth spreading -という、スピーチサイトから。
日本語字幕付き。

こんなのが、毎日の様にやってくるんですよ。
これって、宇宙が送ってるメッセージとしか思えない、て感じです。
posted by うさぎもち at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分を愛すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

ずっとやりたかったことを、やりなさい。ーその(3)

ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。ーその(2)

の続き。

よく、成功する人のパーセンテージ、とか、
示されてたりしますけれど。
(ここでいう成功とは、何かのクリエイティブな
才能を使っての成功、を指しています。)

成功って、する人はするし、しない人はしない。
パーセントでなくて、するかしないか、なんですよね。本当は。

あと、どの辺を指して、「成功」と定義づけるか、
も人によって違いますが、まあ、その道のプロとして食べていける、
というレベル以上、にしておきます。ひとまず。

何かにチャレンジする際に、一番問題になるのは、
このレベルだと思うから。

何が言いたいのかと言うと、
成功するパーセンテージだけをみて、
チャレンジする、しない、をどうこう言うのは、
違うんじゃないか、と。

これは、コーチングをやっている友達とも話したんだけれど。

する人はするし、しない人はしない。
それは0か1なんだと思う。
世の中の成功率を自分にかけ算したって、
正しい確率になる訳じゃない。

それに、そういうのって、やってみないと分からない。
何に才能があるか、なんてのも、なかなか分からないこと。

だから、やってみたいのだったら、やってみたほうがいい。

もし成功しなくても、
そこから何かを身につけられるし、絶対経験は活きるから。

なによりも、後悔しなくていい。
これはすごく大きい。

漫画家の高橋留美子さんなんかは、
お父様から「一番出来のぱっとしない子」という感じに
思われていたそうです。
ところが今や、言う必要もないですね。

定年後に初めて絵筆を持って、
世界的に有名になった、アメリカの女性もいます。

ターシャ・チューダーさんも、ご両親からは
ターシャさんの絵がお金になる、なんて思われていなかったそうです。

本当、才能ってどこに眠っているか分からない。

何かをやってみたから、そこから次に繋がることもあるし、
仕事まで行かなくても、人に頼まれて何かをするレベル位いなら、
十分いける人はとても多いと思う。

それはそれで、とてもすてきなこと。
それが副業や地域の中での交流に繋がったり。


それに、なんとなく自分のこととして感じているのですが、
よく言われる、
「小さい頃に好きだったものにヒントがある」という話。

確かに、小さい頃ひたすら好きで見つめていたこと、
大人になってからも、ほめられることがとても多かったです。

自分では当たり前で、無自覚なので、
「そう?よく言われるんだよねえ」レベルでしたが。
確かに、周りにこういうことが得意な人、いないなあ。

ウェブとか雑誌とかを見ていると、
自分と似たことに関心のある人は山の様にいて、
しかもレベルが高い人ばかり見ちゃうから、
つい「これ位いふつうでしょ?」と思いがちですが。
(そして、orzな気分になる(笑))

ふつうじゃねーよー。(自己ツッコミ)

今、チャレンジしようとしていることは、
広い意味ではその延長線上と言えなくもありません。

うーん、自分のことって、本当に一番わかってないですよね。

ちなみに、私が目指している成功は、世界的成功とかじゃないです。
かなりこじーんまりとした所を目指してます。

でも、どきどきするなあ。(笑)

まあ、うまくいってもいかなくても、
ずっとやりたかったことに違いはないので。
悔いはないだろうし、何か残ったり次に繋がったりはするでしょう。

うまくいってほしいけれどッッッッッ!!!!!(爆)
posted by うさぎもち at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分を愛すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

ずっとやりたかったことを、やりなさい。ーその(2)

前回の記事の続き。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。

やりたかったことにチャレンジして、良かったことの一つは、
自己肯定感もなのですが、もうひとつ、
本当に欲しいものに気付けた、ということです。

それは、あまりに落胆が激しくて、
とても憧れていたのに、決して自分には手に入らない、
と思って、望むことすら忘れていたものでした。

それ?
いや、まだ手に入ってません(笑)
8年以上経ちますが。

見失っている望みは、心の中で「落胆」という
非常にネガティブな力を放ちます。

それは、無自覚なだけに力が大きく、
常に自分の考えや言動に強く影響をしています。

それに気付けただけでも大きな収穫なのです。
気付いたら抜けられますし、嫉妬していたら
「ああ、自分はああいうのがほしいんだな」て気付けます。

あと、最近、私がなりたかったものに、もう一つ、気付きました。

プロを含むたくさんの人からほめられていること、
お金を出してでもほしい、と言われたことも何回もあることなので、
いけるだろう、とは思うのですが。

本格的にやろうと思うと、
プレッシャーがありますね(笑)

だから、『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』
を改めて読みたいんですよね。

今回もたくさんのワークはあまりできないと思いますが^^;
適当でも良いから、モーニングページはそこそこやろう。(おいおい)

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』

Amazon


楽天
posted by うさぎもち at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分を愛すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ずっとやりたかったことを、やりなさい。


10年位前に、読んだ本がありました。

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』

Amazon


楽天

この本を知ったのはどこだったか忘れたのですが、
とてもいい本です。

一言で言うと、タイトルの通り、
心の奥底で思っていた「ずっとやりたかったこと」をやることを、
はげましてくれる本です。

その「やりたかったこと」は、自分自身でさえ、
忘れちゃってることかもしれない。

おぼろげに覚えてはいるんだけれど、
大人になったから「今更」てあきらめてたり、
日々の中で忙しすぎて、埋もれてしまっていることかもしれない。

多くの人には1つや2つ、そういうことがあると思います。

あたたかな励ましと共に、
そういったことを思い出すためのワーク、
やりたかったこををやることに勇気を出すために
自分を支えるための様々なワーク、が載っています。

私がその本を読んだ時は、時期的に
「ものすごくやりたかったんだけれど、
もろもろの事情であきらめていたこと」
を正しくやろうとしている寸前でした。

それは、私が生まれて初めて初めてなりたいと思った職業でした。
私は子ども時代になりたいと思うものがなく、
生まれて初めて、心から「なりたい」と思った職業でした。

でもまあ、色々ありまして。
チャレンジすることすら、許してませんでした。
資料を取り寄せる、ぐらいは、
友達に協力してもらって、やったんですけれどね。

それをやろうと思ったのは、
この本を読んだからかどうかは、忘れましたが。
とにかく励まされた本でした。

その職業は、チャレンジしてみたら、
結局は本当に欲しかったのはそれではない、方向性が違う、
ということが分かりました。

でも、準備してチャレンジしてみたので、すっきりしました。
今でも漠然とした憧れはあったりするのですが(笑)

そのチャレンジを通して一番嬉しかったのは、
自分が心からほしいものに「Yes」と言ってあげる、
ということができた、ということです。

今、新たにそういうことをしようとしています。

そこで、この本を改めて読んでみたいと思っていた所に、
いつもメルマガを読ませて頂いている石塚ともさんが
書いていまして、ああ、買いなおさなくっちゃ、と(笑)

本当にいい本なんですよ。

ワークは私はほとんどできなかったのですが、^^;
(毎朝書くモーニングページという雑記だけは、多少やりました)

やりたいことをやることを許してあげる、て、
すごく自己肯定の行為だと、その経験を通じて感じました。
それは癒しにも繋がることだと思います。

ああ、このブログのテーマは一応「自分を愛する」でしたね。
ちーっとも、んなこと書けてませんが。
まあ、これは私の人生を通じてのテーマの一つなので。

というわけで、これから注文しまーす♪
posted by うさぎもち at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

探していたもの、やっと見つけた!(空気パンツ)

先日、ずっと10年位探していた物に、やっと出会えました。

その名も空気パンツ

ウエストと鼠蹊部をしめつけない下着です。
お揃いで、ブラもあります。

とてもおすすめなので、是非リンク先をご覧になって下さい。^^

知ったきっかけは石塚ともさんのメルマガです。
読んだ瞬間、これはずっと探していた物だろう、と直感的に分かりました。

空気パンツのサイトを読めば読むほど、ますます確信できました。

本当に、ずーーーーっと、探していたんですよ。
やった!!!、て感じです。

探し始めたきっかけは、ゆる体操です。

私は9年ほど前に、ゆる体操の大和撫子教室
(女性向けの、月経血コントロールなどを含む教室)に
通っていたことがあります。

当時、三砂千鶴さんの本なども読みました。
そして、女性の体の持つ可能性にとても感動しました。

で、月経血コントロールもトライしてみました。

夜に出なくなったり、多い日に漏らさない様に出来たり、
と少しいい感じになったのですが、
夏の体調の悪い時期にはそこまで意識が回らず、
そこで元に戻ってしまい、そのまま今に至ってます^^;

その時に、股に布ナプキンがない方が、
コントロールしやすい、と感じました。
パンツは履いてましたが、いらない物がない方がいい、と。

長屋さんのお書きになったものや講演のビデオを見て、
それが間違いでなかったことを確認できました。

で、早速お家にいる時に、ウエスト、鼠蹊部の
ゴムによる締め付けを一切なくしてみました。
今2日目です。

おお、すごい快適。

私は夏は家ではパンツを履いてないで、
ギリギリ落ちてこない程度のウエストゴムのボトム、
なのですが、
それではそんなにどうこうはなかったのです。

ゆるゆるでも、やっぱりゴムはダメなんですね。

何というか、ゴムをなくすと、
すごく元気でうれしい感じになるんです。

で、放っておいても、
骨盤底筋とかウエストの下の方とかに意識がいくので、
きゅきゅきゅっと筋肉を意識できる感じです。

これなら、特に筋トレとかしなくても、
月経血コントロールも出来る様になるでしょうよ、その内。


一時女性用ふんどしが流行りましたが、
あれはかわいくないという以前に、
多分、トイレであの「たれ」を扱うのがが面倒だろう、
と手を出しませんでした。
(空気パンツを使った長尾さんのお話だと、
私の推測は当たっていたみたいです^^;)

空気パンツはそこもクリアです。

ブラの方は、
ジパンシーの流れを汲む方が、パターンを引かれたそうです。
どうりで、体にいいものの割に、かわいいわけです。
大きいサイズがあるのも、ありがたい。

私はゆる体操を習ったことで、
現代の下着がかなり体や意識に悪いことに気付きました。
その中でも、多分パンツは最悪だろう、と思ってました。

だから、出来るだけ締め付けのない、
オーガニックコットンの物を選んでいました。
もちろんサイズはLかLL。

だって、100年前のヴィクトリアンとかだって、
コルセットは付けていても、下はドロワーズですもの。
締めてない。全然。
ウエストはぎゅうぎゅう絞るけれど、夜は緩めて眠ってるし。
鼠蹊部は年中フリーだし。

今みたいに年中ウエストに締め付けがある、とか、ないんですよ。
あの、コルセットで気分が悪くなって、
気付け薬が必要、なんていう、100年以上前でさえ。

それに、
子どもはコルセットを付けないから、締め付けフリーです。

引き換え、現代の私たちは、生まれてすぐから?
少なくとも、おむつを卒業したら、ずーっと、
ウエスト部と鼠蹊部に年中ゴムの締め付けがあります。
男の子でトランクスを履いていても、ウエストは締め付けられてます。

第二次世界大戦中でも、カナダの話だとドロワーズ、
という単語が出てきたので、おそらく今みたいなパンツは、
戦後普及した物なのでしょう。

だから、ベターな選択として、ゴムを縫い付けてない、
織りでストレッチをかけているパンツをはいてました。
ゴムに比べたら、随分マシ。

オーガニックコットンのものでも、
普通にゴムを肌面側に縫い付けちゃってる商品、
とても多いんですよね。
そういうのは見たらもうダメなのが分かるので、
封も開けずに返品してました。
そういう製品は、自分で緩めることさえできないし。

ブラも、基本好きでなく、
確か中高時代はずっとタンクトップに
単にカップがついているものでした。
もちろんゴムフリーです。

普通の形、でもゆるい、もちろんノンワイヤーの、
ブラを付けていた時期もありましたが、短いです。
アトピーが出ていて丁度アンダーやサイドが当たるので、
ブラはなしか、オーガニックコットンのハーフアップを使っていました。

でも、このハーフアップも、
アンダーにゴムを使っているので、嫌なんですよー。
ちょきんっと切ってしまいたい衝動にしょっちゅうかられましたが、
そうすると後が面倒なことになりそうで、仕方なく我慢。

と言いながらも、アトピーが少し良くなった時期には、
フランスのオーバドゥや、
青山の某有名下着店でブラなんか買ったりしてるんですが。

いや、まあ、結婚式とか多かった時期なので、ドレス用に。
あと、やっぱり美しい下着って、女性には憧れではないですか。

いくら、オーガニックコットンでも、ダサくちゃねえ。
(でも、こういうタイプの方が大半だったんだよなー、長い間。
最近はかわいいものも出てきてますけれど。
パンツにゴム直接縫い付けているタイプのものが
大半なので、私はパスです。それならダサイ方がまだまし。)

でも、その2店とも、やたらアンダーを締めたがるのです。
私はそこが嫌で、オーバドゥの方はゆるい目(でもきつい)に
してもらったのですが、
青山のお店お方は、聞く耳持ってもらえませんでしたね^^;

という下着遍歴で、
ずっと困ったなあ、思って暮らしてきたのですが、
やっと!!これで解消かも!!

○天然素材で
○締め付けがなく
○でも、かわいい
○しかも、からだにとても良い
○本来の自分に戻れる

素晴らしい。

丁度生理が始まっちゃったので、
普通のショーツに数日は戻らなくてはいけませんが。
ギリギリまで、経血コントロールしてみようかと。

今から注文しても、今回の生理には間に合わないので、
ならば、と、28日にあるお話会で購入しようと思ってます。

長々と失礼致しました^^;
posted by うさぎもち at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 空気パンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

三菱東京UFJを騙るメールがうちにも来た

なんだかもはや、おいおい、
としかいい様のない、フィッシングメールが、昨日来た。

ニュースにもなっているけれど、UFJ銀行を語るメール。
つっこみどころ満載のメールだった。

仕事で疲れてたけれど、笑わさせてもらったわ。

一応、全文を。

****引用開始****

On 2013/11/19, at 1:09,
【三菱東京UFJ銀行】 f84126304_@yahoo.com.tw wrote:

こんにちは!

これは三菱東京UFJ銀行によって行っているユーザ番号の調査です。
あなたのユーザ番号は使用停止になっているかどうかをチェックしています。
あなたのユーザ番号は合法的であることが保障できるために、下記のリンクをクリックしてください。
https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/XXXX/loginib/login?_TRANID=AA000_001

あなたのユーザ番号の承認が完成された後、三菱東京UFJ銀行よりあなたのユーザ番号をチェックしていただきます。

****以上おしまい****
メールアドレスとURLは変えました。

ソースを見れば、更におかしさが分かるそうなのだけれど、
私はメールのソースは読めない。
そんなもの見る間もなく、おかしさ爆発ですわ。

以下、突っ込みどころを書きます。

1)おいおい、どこの世界に
「こんにちは!」で始める、大手企業があるよ。
しかも、銀行。

2)改行あまりしない。
ふつう、日本語のメールマナーでは、する。

3)末尾に、「お手数おかけしますが云々」みたいなことばと、
署名とか、担当課とか、お問い合わせ先がない。

4)こんなもん、もう言われ尽くした手口。
銀行が、ユーザーにわざわざ使用停止かどうかの確認なんて、させるかよ。
んなもん、銀行が把握していて当然。
ユーザーが銀行に問い合わせるなら、とにかく。

5)これ書いたのは、母語が日本語じゃない。
文頭の「こんにちは!」は、いかにも英語的。
(英文でさえ、堅い企業を騙るにはくだけすぎ)

あまり改行しないのも、欧文メールのマナー。

末尾の「ユーザー番号の承認が完成された後」
というのも、いかにも英語の直訳表現だわな。

その後の、
「三菱東京UFJ銀行よりあなたのユーザ番号をチェックしていただきます」
も、おいおい、自分に敬語を使うなよ(笑)
あと、「あなたの」でなく、「お客様の」と書け。

大手企業がこんな言葉遣いでメール出すかっての。
小さい所でさえ、やらんわ。

6)アドレスが、ヤフー(笑)。

しかも、会社名とか普通使うが、入ってない。
@yahoo.com.tw で検索かけたら、中国語ばっかり出てきた。
なんだ、中国人が出してるのか。
まあ、文法構造は英語と似てるしな。

7)UFJに、メールアドレスなんか教えてない。
よって、来るはずもない。


あほくさい。こんなもんにひっかかるかよ。(笑)

スクエニのも、何回か来たけれど、あれも、ひっかからんっての。
大体ゲームしないし。
けど、してても確認取るのはもはや常識。

なんつーかなあ(笑)
どうせならもうちょっとましなものを作れっての。
posted by うさぎもち at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。